2011年3月13日 (日)

巨大地震

発生時は会社にいました。ものすごい揺れと時間を感じました。その後も余震が絶えず発生。家族との連絡が取れず、事務所にテレビもないので情報はネットだけ。

電車が止まるので、会社で待機。なんとか家族の声を聞けたけど、すぐに切れて様子がわからない。水槽が心配。その処理を家族にさせるわけにはいかないけど、何もできない。

会社からの非常食や飲み物の支給は一部の部署だけにあった。なぜ一部なのか今後問題になるだろう。

一夜が明けて、電車が動き出すので帰宅することに。でも上野駅まで歩くことにしたけど、上野駅は改札を通るのことや、電車に乗るまで1時間半。何時ころ乗れるのかもわからなかったし、「運転見合わせ」に変わったなどの誤報も。駅構内は工事中で待っている間は身動きが取れない。待っている時間がわからないのでトイレが心配。また余震があったり、緊急避難警報が出たらパニックになるのではと不安に。電車は大混雑。

帰宅優先者を何かで指示しないと危険だ。どうせ待つことになるなら、安全が確保されている場所で待ちたい。7時から高齢者、8時から女性、10時から・・地区のひととか整理する工夫が必要だった。行政が行わなくても、経済界でなんとか知恵や連絡網を使うことができただろう。

明日からの経済活動再開も、あの大都会の秩序を保てることが前提だ。なんとか昨日はみんなが助け合って、暴動やパニックがなかったけど、みんなの苛立ちや不安感は貯まっている。日本の本当の力=民力を感じたけど、統制力の弱さも感じた。

被災者の皆さん、何もできませんがまずは家族とご自身の安全を最優先でいてください。無事だったものが、その役割を少しづつ担います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)